<< YOUTUBEのアノテーション機能より面白い動画 | main | エリアターゲティング >>
ネットユーザーが購買意志決定に影響されるメディア
JUGEMテーマ:日記・一般


興味深いデータを見つけた。

「ネットユーザーが購買意志決定に影響されるメディア」



ネットユーザーが影響されるメディアということなので、ネットユーザー以外にはアンケートを取っていないのだろう。
ネットユーザーといえど、テレビの影響度は各国ともトップである。
マスで影響度もあるわけだから、テレビ広告はいまだに最強なわけだ。

ビルボードは日本は非常に低い。
タイムズスクエアのビルボードはすごかった。
日本はもっとインパクトのあるビルボードにするべきだ。

ブログは日本がダントツ高い。
ブログの更新量が日本は異常に多いからだろうか?

日本はラジオも新聞もトップだが、雑誌は最下位。
日本人はあまり雑誌を読まない国民性なのだろうか?
雑誌広告というと、「お金が儲かる宝石」、「消費者金融」とかの広告が思い浮かび、いかがわしいイメージがなくもない。
それにしても、ラジオが高いというのは意外である。

少し以外なのは、携帯電話が進化している日本が、携帯電話の広告がTOPでないという点。私もモバイル広告で、何かを購入したという経験はない。

http://g-yokai.com/2009/01/post-150.php
カテゴリ:広告・プロモーション | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/80
トラックバック