<< コカ・コーラのフルタッチスクリーン式自動販売機 ユーザーインターフェース | main | 明日プチセミナーします >>
トヨタは本当に赤字なのか?
JUGEMテーマ:日記・一般


Cnetにこんな記事がありました。

トヨタの赤字 本当ですか?

みんな大騒ぎしていたが、トヨタの赤字は本当だろうかと私も思っていました。
為替差損によって数千億の減益とかいうけど、為替差損ってドルを円に交換すれば損失になるもので、ドルのまま所持していれば今まで通りということですよね。

そういう意味では、”会計”においてひどい結果となっているだけだと解釈しています。
それをわかりやすく説明していたのが、Cnetの記事でした。

また以下の部分、私も思いあたる節があります。
2)日本では人を切るのは最大の問題で少々業績が悪くてもできない。 誰が見ても”仕事はやらない、できない。何であんな人雇ってるの?”と言う人が年齢、性別に関係無く特に大企業にはかなり居ます。これは日本流の温情主義、簡単に人を切らない主義(これは正しい考え方)の悪い面ですが、そこでこういう不況の時が千載一遇のチャンスになる。できるだけこういう役に立たない人を切るためにも、”業績は悪ければ悪いほど良い”


ある大企業の経営者と話をしたとき、私も以下のような話を聞きました。

「リストラしたくても社員のクビを切れない企業が数多くあって、不況という理由で皆一斉にやるので、目立つことなくリストラすることができるんだ。そういう意味では、経営者にとっては不況は願ってもないチャンスなんだ」

クビにすることは良いとは思いませんが、その何人かの社員をクビにしなかったことで、その会社が倒産し全社員が職を失う可能性があるのであれば、仕方のないことかもしれません。
カテゴリ:日記 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/76
トラックバック