<< 2009年 抱負 | main | ミクシィ年賀状の売上規模 >>
「これなしでは生きていけない」というサービス in アメリカ
JUGEMテーマ:日記・一般


http://jp.techcrunch.com/archives/200901042009-products-i-cant-live-without/

「これなしでは生きていけない」というサービスのアンケートの結果が出ていました。
日本語サポートされていなかったりします。



1-800-FREE411」というサービスは知りませんでしたね。
アメリカでは電話番号案内が有料らしく最高で$3.50もかかるらしいが、このサイトでは電話番号検索が無料で行えるらしいです。このようなサービスが選ばれるとは日本では考えられないような気がします。文化、環境の違いでしょうか?

また、「Yammer」というサービスも知らなかったので、実際に試してみました。



会社用Twitterってゆうことなのですが、本当にそんな感じでした。
Twitterのようにオープンではなく、社内限定非公開というのが特徴です。
さらに、「ビジネスモデルのあるTwitter」とも言われており、社員が使うのは無料だけれども、ネットワークの設営、管理ツール(メッセージやユーザの削除、パスワードポリシーの設定、IP範囲の制限など)の取得などに関しては有料なんだそうだ。

Yammer」を使って思ったのは、友達のクリストファーが開発した「BluebridgeOne」の方が機能的には素晴らしいと思う。ただ、ビジネスモデル的には「Yammer」のが素晴らしい。
BluebridgeOne」は「Yammer」のビジネスモデルを参考にすれば、化けるのではないだろうか?



カテゴリ:日記 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/72
トラックバック