<< 自分の顔の2000ドルで作れるサイト | main | 携帯で証明写真 >>
次世代インターフェース
JUGEMテーマ:インターネット


このインターフェースは、今まで見た中で一番実用性があり、映画「マイノリティリポート」で見るような未来を感じさせるものでした。
下の2つの動画を見るとその凄さがわかる。

g-speak overview 1828121108 from john underkoffler on Vimeo.

luminous room demos from john underkoffler on Vimeo.

私は、拡張現実とインターフェースという分野は別々の技術だと思っていたが、このデモのインターフェースには、それらがうまく融合されている。

仮想世界と現実世界を融合する技術は,拡張現実感(Augmented Reality:AR)と呼ばれていますが、電脳フィギュア『ARis』に代表されるように拡張現実はエンターテイメントとして発展しています。しかし、このデモのようにインターフェースの技術として使われていることには驚きです。



更に、Wiiのコントローラーに使われているレーザーポインター+加速度センサーなどとARをうまく融合させて、非常に利便性の高いインターフェースを作っています。

もしかしたら、仮想世界などのサービスはこのようなインターフェースの分野にも組み込まれるのではないかという新しい発想を与えてくれるものでした。

http://jp.techcrunch.com/archives/20081117oblongs-g-speak-spatial-operating-interface-brings-minority-report-ui-to-life/
カテゴリ:WEBサービス | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/56
トラックバック