<< 携帯電話戦国時代の到来!? | main | Enterprise2.0について思うこと >>
アンドロイド マーケット公開 携帯戦争どうなる?
JUGEMテーマ:最新の新商品


アンドロイド マーケットが登場しました。
http://www.android.com/market/

アンドロイドマーケットはiPhoneのApp Storeのような、携帯アプリをダウンロードするためのサイトです。
私はiPhoneユーザーなのですが、将来アンドロイドが大きなシェアを取り、iPhoneが負けるのではと思っています。

なぜか?

このiPhoneとアンドロイドの展開は、昔のマイクロソフトとアップルコンピュータの戦いに似ていると思うからです。アップルはOSとハードウェア一体型PCを販売したのに対し、マイクロソフトを一体化せず、ウィンドウズをいうOSのみを販売しました。PCメーカーは自社のPCにウィンドウズを入れて販売したため、ウィンドウズがOSのデファクトスタンダードとなりました。結果、ウィンドウズは圧勝しました。

今回の携帯での戦いもGoogleはアンドロイドという携帯OSを解放していますが、アップルはOSを他社には解放せずOSとハードウェア一体型のiPhoneという形をとっています。このため、多くの携帯電話メーカーがアンドロイドを使用して販売するので、アンドロイドが世界のデファクトスタンダードになる可能性が非常に高いです。

さらに、iPhoneはアップルだけが生産するのに対し、アンドロイドは世界の携帯電話会社が競って生産するので、品数でもアンドロイドがiPhoneを圧倒します。

日本は携帯大国と言われているのに、海外では全く勝負できていません。その理由は、日本の携帯メーカーの携帯OSが海外の基準とは違うからです。アンドロイドをきっかけに日本の携帯メーカーがアンドロイドで開発を進めれば、グローバルに販売することができます。日本の携帯は優秀なので、きっと世界市場でも受け入れられるでしょう。日本の携帯市場はガラパゴスと呼ばれておりますが、アンドロイドの登場でガラパゴスから脱却するチャンスが遂に訪れたわけです。

iPhoneは、Macのように一部のMac信者のものとなってしまうのでしょうか・・・



しかし、Googleは広告以外で携帯アプリという新たな金脈を見つけましたね!
Googleは最強です!
カテゴリ:最新技術 | 19:41 | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/10/04 6:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/46
トラックバック