<< WEB上でテレビを放送するのはなぜいけないのか? | main | SMARTの法則 >>
世界大恐慌?
JUGEMテーマ:日記・一般


本日、「特ダネ」を見ていたら場が開いて10分くらいで前日比で380円下落、その5分後には540円下落とものすごい勢いでした。今は回復して300円台に回復しているようですが。

なぜ、米国で金融安定化法案が可決されたのに大幅に下落しているか?
事実、金融安定化法案が可決される前は期待により、株価が上昇していたということです。
これについて「特ダネ」が解説していました。

金融安定化法案が改正され可決され開けてみたら、とんでもない内容だったということです。「銀行が保有する負債を国が買い取る」という方法が否決され、修正案として以下が盛り込まれたということです。

,もちゃの「矢」危険税免除
◆碧困譴拭
(忘れた)
ぅ屮奪轡紊涼聾汽謄サスとか現副大統領の地元などの消費税免除

これが本当だったら「アメリカ何やっちゃってるの?」って感じですね。
金融安定化法案は国民から反感をかっていたのはわかるのですが、あからさますぎじゃないでしょうか?
きっと、一般人にはわからない深い事情があるんでしょうが・・・

もうそろそろ、いろんな企業がコストを切り詰めてくる時期でしょうか?
世界大不況になるとはまだ考えにくいと思うのですが、一応準備して対策は打っておいた方が良いのではないでしょうか?

(◆↓はわかり次第更新したいと思います。)
カテゴリ:経済 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(1) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/37
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/07 4:10 PM |