<< 超難関面接の質問 | main | 2001年のWEBを検索してみよう! >>
Google「六つのルール」
JUGEMテーマ:日記・一般


週刊東洋経済(2008/9/27特大号)にGoogle特集があり、その中でGoogle EMEAのEMEAエンジニアリング ネルソン・マトス氏がGoogle成功の背景には「六つのルール」があると説明していました。

ゞ罰ζ發悩嚢發離┘鵐献縫△鮓柩僂垢
起業家精神あふれる人を選び勤務時間の20%の時間を割いて自分のアイディアを追及してもらう
I蕕龍チ茲行われないようにデータを全社員が共有し、透明性を維持する
ぐ娶の相違がある場合はデータの裏付けを示す
ゥ罅璽供爾望播世鮃腓錣擦襦ユーザーが最優先であり売上、市場シェア、利益などは二の次。
Ε好圈璽鼻どんなにいいアイディアでも出遅れたらアウトなのだ


以上、6つが成功の要因という風に語っていた。
Googleの20%ルールというのは、あまりにも有名だがどこの企業でも採用できることではないのは、身を持って感じている。やはり、起業家精神を持っていたり、自分で世の中を変えていこうと思える独自性を持った人でないと、この20%は無駄に終わってしまう。20%ルールがうまく機能する根底として、人材採用でふさわしい人を採用するという△鷲垈跳腓任△襦

また、東洋経済を読んでいても再三登場してきたGoogleの思想としてイ倭農欧蕕靴い隼廚Αイ離罅璽供舎椣未箸い考え方はマーケティングの基礎中の基礎だが、いくらマーケティングの知識を持っている人でも、実践できていないのをよく見る。
Googleが素晴らしいのは「ユーザーが最優先であり売上、市場シェア、利益などは二の次」と言い切っていることではないだろうか?
潤沢な収益があるからではあるが、普通は売上、利益がなければユーザーを優先する必要はないという考え方になると思う。

このような精神があるから、莫大なユーザーから支持され「Google」という企業ブランドを確立したのだろう。

最近気づかされるのは。Googleは「技術が素晴らしい」というだけで発展してきたわけではなく、技術以上に経営理念、経営手腕が素晴らしいということだ。
Googleが技術的なイノベーションを生み出してきたのは、周知の事実だと思うが、これから経営、会社としてイノベーションを起こすのではないのでしょうか?


カテゴリ:日記 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosukearaki.com/trackback/32
トラックバック